イルカがいないのにそのような音が聞こえたら要注意

友人の話大学生の頃心霊スポットとして有名なダムに夜一人で出かけたという核とした理由はない。
強いて言えば若気の至りだったらしい。
車を停めてダムの周りをぐるり一周する速度を歩き出した月明かりを頼りに明かりも持たずに歩を進める。
暗い道を祈って祈って歩いていると突然背後から大きな水音がした。
まるで大きな石を投げ込んだかのようなぎょっとして立ち止まるが暗闇の中には何も見えない。
と今度は彼の前方から水音がするあまり今おかず次はまた後方から水の音怖いものは考えるな怖くないものを想像するんだ。
イルカ荘イルカ大イルカが俺の横で前後に繰り返しジャンプしているんだ。
そう自分に言い聞かせ怖くない怖くないと呟きながら歩き切った。
ザッパーンという水音は途切れずにテンポよく続いている。
駐車場への道に出て小走りになった彼の後ろから鳴き声が浴びせられた。
音源の使用がない機械な声だったというイルカじゃなかったよやっぱり恐れたようなしかしどこかしら残念そうな顔で彼は言った。

イルカがいないのにそのような音が聞こえたら要注意
Scroll to top