コインパーキングで「駐車券」無くしたらどう対応? 「駐車券紛失ボタン」押す前にすべきことは!?

車庫入れをしたいのに、駐車券がない! なくしてしまった場合はどうしたらいいですか?
 クルマでお出かけの際は、コインパーキングが便利です。
 
 コインパーキングとは、利用者が空いているスペースに駐車し、利用時間に応じて料金を支払う駐車場のことです。
 
 利用時に駐車券を発行するケースが多いですが、万が一紛失してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。
[画像】都心部では要注意!?コインパーキングで表示される高額料金の画像を見る(13枚)。
コインパーキングで駐車券を紛失した場合はどうすればいい?
 コインパーキングには、さまざまなタイプがあります。駐車すると乗り越えられない板が上がるロック式や、駐車場に入ってゲートを通過すると駐車券がもらえるゲート式が多い。
 最近では、入庫時のゲートや駐車口に番号読み取り機が設置され、駐車券は発行されなくなりました。
 駐車券を受け取った場合、紛失しないようにダッシュボードに置いたり、サンバイザーに挟んだりして、車外に持ち出さないようにすることも一つの方法です。
 ただし、コインパーキングと提携している店舗や施設を利用すると、駐車料金の割引が受けられるところも多いので、そうしたサービスを受ける場合は、駐車券を車外に持ち出す必要があります。
 コインパーキングを利用する際によくあるトラブルが駐車券の紛失ですが、このような場合はどうすればいいのでしょうか。
 コインパーキングでは、駐車券を紛失した場合の対処法は大きく分けて2つあります。
 ひとつは「係員対応」「ナンバー読み取り」によるもの、もうひとつは「退出した時間分の料金」を請求されるものです。
 コインパーキングの中には、常時係員が勤務しているところもあります。その場合、入庫時刻を記録していたり、監視カメラの映像で入庫時刻を確認できたりするため、正規の料金を期限内に支払うことができるのでしょう。
 しかし、すべてのコインパーキングで上記のような救済措置が取れるわけではありません。
 コインパーキングで前述の救済措置がとれない場合、「駐車券紛失料金」を請求されることがあります。
 駐車場料金精算機やゲート前精算機には、駐車券を紛失した場合に備えて「駐車券紛失ボタン」が設置されています。
 これらの精算機の「紛失ボタン」を押して「紛失料金」を支払えば、駐車場から出ることができますが、ほとんどの場合、本来の駐車料金よりはるかに高い料金が請求されます。
 SNSで検索してみると、「駐車券を紛失して1時間駐車したら5,000円かかった」「通常400円の駐車券を紛失して1万円請求された」など、悲痛な体験談が出てくる。
 このように、駐車券を紛失すると、思わぬ痛い出費となることがあるので注意が必要です。

コインパーキングで「駐車券」無くしたらどう対応? 「駐車券紛失ボタン」押す前にすべきことは!?
Scroll to top