スマホ失った「ファーウェイ」の新たな戦い方、日本人消費者の声取り入れヒット産む!?

5Gは扱えなかったが、衛星通信に接続できるMate 50シリーズを発表したところだ。”
OWNDAYS x HUAWEI Eyewearは、ファーウェイとオンデーズが共同開発したもの。実売価格は32,780円から。
 9月6日、中国の通信機器メーカー、ファーウェイ・ジャパンのオフィスを訪ねると、日本・韓国向け端末部門の責任者である楊涛氏がスマートフォンを取り出し、ライブでプレゼンを見せてくれた。
 その日、ファーウェイは2年ぶりにハイエンド端末の新シリーズ「Mate」を発表した。ただし、米国の輸出規制により、Android OSやGoogleのアプリストアを搭載できないため、日本での発売は予定されていない。
 この日のガジェット界は、アップルが6月7日(現地時間)に発表する「iPhone 14」が話題となった。
 ファーウェイは2020年6月のP40シリーズ以来、日本ではスマートフォンを発売していない。会社の “顔 “ともいえる製品を失ったことで、ヤン氏は「日本のお客様にとっての価値をより深く考えるようになった」という。
 日本企業と共同開発し、5月末に発売した「オーディオグラス」は、在宅勤務のビジネスパーソンに好評で、売れ行きも好調だという。
日本のビジネス需要にヒットしたオーディオグラス
 ファーウェイと日本のメガネチェーン「オンデーズ」が共同開発した「OWNDAYS×HUAWEI Eyewear」は、弦にスピーカーとマイクを内蔵した「聴覚メガネ」だ。開発のきっかけは、日本のユーザーから前作の改善要望が寄せられたことだった。
 ファーウェイは2009年初夏、オーディオグラス「HUAWEI×GENTLE MONSTER Eyewear II」(以下、ジェントルモンスター)を日本に導入した。アウトドアやレジャーでの使用を想定した製品で、サングラスタイプと伊達メガネタイプの2種類がある。同社はサングラスをメインに展開するつもりだったが、日本市場では購入者の8割が伊達メガネタイプを選んだという。
 また、購入者からは次のような要望があった。
サングラスをメインに考えていたが、日本市場では8割の購入者が伊達メガネタイプを選択した。
近視や老眼に対応できるように調整してほしい。
自宅で電話会議をするので、PCとスマートフォンを同時に接続できるようにしてほしい。
通話品質を向上させたい。
 日本の消費者は本当に厳しいですね」と筆者がつぶやくと、楊氏は「まだありますよ」と答えた。音量の調整や、糸で着信・通話を切ることができないか、つまり操作性を向上させたいという要望もありました」と説明した。
 こうした要望からファーウェイは、Audio Glassを必要とするユーザーは、遠隔地での仕事の打ち合わせでイヤホンをつけるのが面倒なビジネスパーソンだと感じたという。
 レジャー用途ではニッチな市場だが、ビジネスニーズに対応することで、より大きな市場を狙うことができる。日本の消費者の要望は普遍的なものなので、それに応えるべきだと考えた」(楊氏)。
 しかし、電子機器メーカーであるファーウェイは、度付きレンズの調達やかけ心地の調整など、メガネそのものの改良には疎い。日本のメガネユーザーの行動習慣については、あまり知識がない。ファーウェイは、メガネ業界で協業できる企業をリサーチし、若い顧客が多く、海外展開に積極的なオンデーズに着目した。

スマホ失った「ファーウェイ」の新たな戦い方、日本人消費者の声取り入れヒット産む!?
Scroll to top