外国人居住者の多くは、日本での生活環境と自国での生活環境との違いを認識していない!?

 2つ目は、生活上の問題が発生しやすい理由の具体的な説明である。すでに述べたように、芝園団地では、上下階の床と天井が薄く、深夜になると上階のトイレを流す音が聞こえてきた。
 筆者は、中国から来た知人から次のような話を聞いたことがある。中国には上下階の壁が厚い建物があり、子供の飛び跳ねる音が階下に響くことを経験的に知らない人がいる。防音マットを敷くことの必要性を理解していない人もいるかもしれない。音が響くという状況を理解していなければ、「静かにしよう」という発想には至らない。
 日本の注意事項を母国語に翻訳しただけでは、その真意が伝わらない。伝えることが目的ではない。芝園団地での生活における最低限のルールを理解し、守ってもらうことが目的なのです。
 芝園ガイド」は、次のように表現されている。”日本の住宅は、中国の住宅よりも壁のようなものです。
 日本の住宅は、中国の住宅に比べて壁や床が薄い傾向がある。中国よりも足音や物音が響きやすいのです。”
 音が響きやすいので静かにしてください」と言うだけでなく、その原因が自国の住宅と芝園団地の違いであることを伝えることで、「なぜ静かにしてほしいのか」を理解しやすくなる。そして、それが行動につながっていく。
 このように芝園団地では、外国人居住者が団地で生活する上での最低限の注意事項を理解してもらうために、母国との生活習慣の違いを伝える努力をしています。
 こうした地道な努力の甲斐あって、長年住んでいる日本人の方からも「昔に比べて住環境が格段に良くなった」という声をいただいています。騒音問題を中心に、まだまだトラブルはありますが、住環境は徐々に良くなっています。トラブルが減り、「お互いに静かに暮らせる関係」という意味の「共生」に近づいているのです。

外国人居住者の多くは、日本での生活環境と自国での生活環境との違いを認識していない!?
Scroll to top