枕が合わなくて頭が痛い時の対処方法はこれがおすすめ

私の知る限り、「筋緊張性頭痛」の最も多い原因は、合わない枕を使用していることです。朝起きてすぐに頭が痛くなったら、枕を疑ってみてください。頭の重さは約4~6kgもあり、日中、首には頭の重さによるストレスがかかり続けているのです。
朝から頭痛がする人は、こう考えてみてください。首は、起きてから頭の重さを感じる時間よりも、合わない枕で寝ている時間の方が辛いと訴えているのです
症状を改善するために、まずは睡眠に必要な物理的条件である「枕」を調整しましょう。
枕の重要な役割のひとつに、頸椎という首の骨の角度を正しく保つ(リラックスできるようにする)ことがあります。枕を適切な高さに調整し、頭の位置を正しくすることで、睡眠中に首や首の筋肉をリラックスさせて休ませることができるというメリットがあります。
その枕が体に対して高すぎたり低すぎたりすると、次のような問題が生じます。
– 首の筋肉の緊張をほぐすことができない。
– 頸椎周辺の神経の通り道である椎間孔が狭くなる。
これらが頭痛の引き金になることがあります。また、枕の高さを適切に調整することで、前述のヘルニアを予防することができます。
1.あなたの頭痛はどのタイプ?頭痛の種類と原因について解説します。
頭痛には様々な種類があり、その原因も様々です。自分の頭痛をよりよく理解するために、種類とその原因を知っておくと便利です。
緊張型頭痛は、最も一般的な頭痛のタイプです。首や頭の筋肉の緊張によって引き起こされます。緊張型頭痛は、ストレス、悪い姿勢、寝違えなどが原因で起こることがあります。緊張型頭痛の場合、鈍い痛みを感じることがあります。
片頭痛は、緊張型頭痛より重い頭痛の一種です。吐き気や嘔吐、光に対する過敏症などの症状を伴うことが多いです。片頭痛は、ストレス、明るい光、特定の食べ物など、さまざまな要因で引き起こされます。片頭痛は、ストレスや明るい光、特定の食べ物など、さまざまな要因で起こりますが、もし、片頭痛に悩まされているのであれば、病院で診てもらうのが一番です。
群発性頭痛は、緊張性頭痛よりも深刻な頭痛の別のタイプです。灼熱感や突き刺すような痛みと表現されることが多いようです。群発頭痛は、ストレス、喫煙、飲酒によって引き起こされることがあります。もし、群発頭痛に悩まされているのであれば、医者に診てもらうのが一番です。
2.筋肉の緊張による頭痛を改善する第一歩は、体に合った枕を使うこと
モットンの口コミ・評判はこちらの記事がおすすめ

枕が合わなくて頭が痛い時の対処方法はこれがおすすめ
Scroll to top