自分にとって何が必要なのか

私も以前まではあまり気にしていなかったのですが、最近は少し意識するようになりました。というのも、先日ある検定を受けに行ったからです。
それはファイナンシャルプランナーの試験。皆さんも知っているかと思いますが、FP技能士2級という資格になります。実はこの資格を取得するために勉強を始めてから気づいたことがあるんです。それは、「自分にとって何が必要なのか」ということ。
私の場合、もともと数学が得意だったということもあり、宅建士の資格を取ることを目指して勉強をしていました。しかし、宅建では自分のやりたいことを実現することはできないかなぁと考え直しました。そこで、ファイナンシャルプランナーの資格を取ることにしたわけです。
でも、ただ資格取得のために勉強していただけじゃダメだったんだなって思いました。だって、資格を取ったあとのことを考えることができなかったから……。もし合格しても、その後何もせずに放っておいたら宝の持ち腐れになってしまいますよね。だから、資格を取ってからも自分が何をしたいのか考えて行動しなきゃいけないんだなぁと思ったのです。
そう考えると、今の仕事は私にとってピッタリだと思っています。なぜなら、お客様である企業様と一緒に家計について考えることができるからです。私はお金に関する知識が全くなかったので、最初は苦労しました。それでも、今はかなり満足していますよ♪ 私と同じように悩んでいる方がいらっしゃいましたら、まずは自分に何が足りていないのかを考えてみてくださいね。きっと、それが明確になったら、あとはそれをクリアしていくだけです。そうすれば、自然とやりたい仕事が見つかるはずですよ!
ちなみに、今回受験したファイナンシャルプランナー試験は1日で終わりました。さらに言うと、当日に合否判定が出るものです。つまり、結果発表がすぐにわかるんですね。これは嬉しいですよね! ちょっとドキドキしながら待つこと数時間……ついに結果が出たのです。結果は無事合格☆これでようやく次のステップへと進むことができます。次は簿記に挑戦してみようかなって思っています。また何か目標ができたときに頑張るぞ〜! ということで、今回はファイナンシャルプランナーのことについてお話しさせていただきました。

トウコベの評判はどう?東大生の個別指導

自分にとって何が必要なのか
Scroll to top